小説「チェリーブロッサム」」カテゴリーアーカイブ

小説「チェリーブロッサム」第43話

2018年5月17日| 小説「チェリーブロッサム」, 記事一覧

* アグラ タクシーはようやくアグラの市内に入り込む。インド市街特有のゴミで埋もれる道路。そんな道路にも慣れてはきたが、ここアグラの状況は酷かった。治安も悪そう … 続きを読む

FacebookTwitterGoogle+PinterestTumblr

小説「チェリーブロッサム」第42話

2018年5月10日| 小説「チェリーブロッサム」, 記事一覧

* 小さい橋 僕を乗せたタクシーは、どこまでもまっすぐな道が続くハイウエイを走っていた。エロ兄ちゃんも運転に集中しているようで、僕も窓の外を眺めることに集中した … 続きを読む

FacebookTwitterGoogle+PinterestTumblr

小説「チェリーブロッサム」第41話

2018年5月5日| 小説「チェリーブロッサム」, 記事一覧

* エロ兄ちゃん 「モウアグラデスヨ」 新しいガイドの兄ちゃんが、次の目的地でタージマハルがある「アグラ」にもうすぐ着くと言った。そして数時間前にももうすぐ着く … 続きを読む

FacebookTwitterGoogle+PinterestTumblr

小説「チェリーブロッサム」第40話

2018年4月23日| 小説「チェリーブロッサム」, 記事一覧

* マハラジャ作戦 朱里とバラナシで別れてから2週間ほど経ち、僕はムンバイにいた。エレファンタ石窟群のシヴァのレリーフが見てみたくなり、少し長めに滞在した。旅も … 続きを読む

FacebookTwitterGoogle+PinterestTumblr

小説「チェリーブロッサム」第39話

2018年4月20日| 小説「チェリーブロッサム」, 記事一覧

朱里は今日は半日この街をふらついていたようで、食べたいお店を見つけたから食べにいこうと連れて行ってくれた。外に出て歩いて店まで向かうと、僕らはなぜか縦に2人で歩 … 続きを読む

FacebookTwitterGoogle+PinterestTumblr

小説「チェリーブロッサム」第38話

2018年4月12日| 小説「チェリーブロッサム」, 記事一覧

* ホテルインディアにて 朱里 バラナシ滞在も二日を残したその日、観光も終えてオムさんと別れたあと、僕はホテルの前に立っていた。まだ日も高かったので部屋には入ら … 続きを読む

FacebookTwitterGoogle+PinterestTumblr

小説「チェリーブロッサム」第37話

2018年3月30日| 小説「チェリーブロッサム」, 記事一覧

夜明けが始まった。地平線の滲んだ7番目の赤は、今では弧を作り出しながら、激しく燃え上がろうとしていた。生命の誕生だ。僕に何かの生命が宿るような力強い感じを受けた … 続きを読む

FacebookTwitterGoogle+PinterestTumblr

小説「チェリーブロッサム」第36話

2018年3月24日| 小説「チェリーブロッサム」, 記事一覧

「『あなたは今体のどこかで何か感じることはありますか? 何か感覚を感じますか?』ってただそれだけよ、何度も何度も、毎日毎日そう聞いてくれたの。最初は頭の中をぐる … 続きを読む

FacebookTwitterGoogle+PinterestTumblr

小説「チェリーブロッサム」第35話

2018年3月20日| 小説「チェリーブロッサム」, 記事一覧

* ゆり子の心と、ガンジスの夜明け ガンジス川までは、車でバラナシの街中を通って行った。街中といっても、ほとんどの路面の舗装はがたがたで、道の両脇は凄まじい量の … 続きを読む

FacebookTwitterGoogle+PinterestTumblr

小説「チェリーブロッサム」第33話

2018年3月7日| 小説「チェリーブロッサム」, 記事一覧

* バラナシ駅 時間はもう真夜中だったが、ホームでは沢山の人が歩いていたり、あちこちで荷物に丸まって眠る人たちもいた。真夜中でも活気のある光景に少し気持ちも押さ … 続きを読む

FacebookTwitterGoogle+PinterestTumblr