精神世界のいるところ


この月荒ぶ我々物質世界の住人は、自分の内なる存在のオアシスにいつでも気がつきたいよね。
だってさ、そここそが、それこそが自分の世界、それぞれ誰もが持っている自分だけの精神世界。
精神の世界ってほんと単純なんだと思うよ。
だっていつだって自分と離れることのない胸の中のその世界。
携帯電話だったり鍵だったり、持ち物だったら忘れてしまうことだってあるかもしれないけれどどんな時だって24時間僕らの宿る魂を見守ってくれている、いやそれこそが魂なんだよね。
そしていつでもその世界は自動的に自分の中にあるわけで、そしていつだってその世界は自分という意識に何かを与えてくれる。
完全なるポジティブな波長をさ。
だから我々物質世界の住人は、その自分の精神世界の領域に向かってできるかぎりの「ホッ」とする時間を与えてあげるんだよ。
それだけで全てがうまくいくさ。
ああそうだね。
もう庭の小鳥に餌をあげる時間だ。

きゅっ、きゅっ、きゅっ。

FacebookTwitterGoogle+PinterestTumblr