小説「チェリーブロッサム」#1

* 旅の終わり

デリー発成田行き、エアインディア307便に乗り込んだ僕は、座席の窓に身を寄せて、ガラス窓におでこの先をこつんとつけた。ガラスの冷たさがおでこに染みると、「あー。気持ちいっ」と言いながら、ぼーっと外の景色を眺めた。
顔にはまだインドでの火照りが残っているようかのようだった。顔は真っ黒に日に焼け、いつしか剃ることを気にも止めなくなった髭は、無精の範囲を超えて僕のあごの周りで茂っていた。沢山の出会いと沢山の涙を流した一ヶ月のインドの旅。窓の外を見ていると、早送りでも見ているかのように旅の光景が次々と現れて、僕の後ろ髪を楽しそうに引っ張った。も、戻ろうかな。
この旅を境に、旅の前、そしてその後として、僕の人生の何もかもの価値観を変えてしまった。自分の中の真実の気持ちと繋がれないということが、どれほど人を傷つけて、どれほど自分を裏切るのか、それを嫌というほど知った。この旅で僕は、失くしてはいけないものを失くし、失くしてはいけないものを失くすことでしか得られないものを得て、自分が何者かを知り、自分の真実を知った。人は見えなかった真実の自分と繋がりながら大人になっていく。この旅は僕と僕の心をつなげた最愛の経験となった。僕はこれからの人生を、きっと「自分」として生きていかれるようなそんな気がして……ガツ! 「いってー……」と鈍く叫ぶと、両手でおでこを押さえながら足をばたばたとさせて、悶えた。ボーッとしすぎて窓に付けたおでこががくっとずれて、その窓の縁におでこを思い切りぶつけたのだった。隣の席に座っていた、大阪から来たというおばちゃん二人組が、嬉しそうな顔でニヤニヤと僕を見た。「じぶん、おでこぶつけたん? ほれ、あめちゃん……、ぎゃはははは」と、2人で大きな顔を揺らしながら大爆笑をしていた。僕が痛みを堪えながら苦笑いをしていると、「ポーン」とシートベルト着用のサイン音が鳴った。僕はおでこの痛みを気にしながらベルトを締めた。
巨大な機体のボーイング747は、着陸態勢に入るために大きな翼を揺らしながら旋回し、徐々に高度を下げていった。
僕は無事日本に帰って来た。

 

* 旅の始まり

28歳の春も穏やかに過ぎ去りろうとしていた。桜の木にはまだ散りきらない花びらもちらほらと咲いていて、「春が終わる……」と感慨に浸っていた。僕は、自分の何かを変えたくてもがいており、そしてひとり、旅に出ようとしていた。
僕は旅に出る為に新しくバッグを買った。登山にでも使うようなとても立派で鮮やかな青色のヘッドバッグの付いた、ノースフェイスの40Lのバックパック。それを背負った旅先での僕の風貌は、完全なバックパッカーとなる予定である。生地はとてもしっかりしていて、あちこちに沢山のプラスチックのバックルが付いていた。その細かい使い方や機能についてはよくわからなかったが、その使い方のよくわからないバックル達は、僕のやる気を静かに刺激した。そのバックルを意味も無くぱちんと止めては意味も無くかちっと外したりしていた。そのバッグを背負って鏡に映ると、僕は少しにやけていて「気持ちわるっ」と口に出して言った。
僕はこのバッグを買う為に、初めて本格的なアウトドアショップに行った。「舐められたら終わりだ」と雰囲気に飲み込まれないように「僕、経験豊富な旅人です」という気配を無理矢理かもしだそうと、気持ちのペダルを踏みまくった。眼光を鋭めにし、それっぽく趣旨を説明をしているのに、所々で店員さんが笑いを堪えている。どうしてなのかまったくわからなくて少し不愉快だったが、それを払拭するようにさらにペダルを踏み込んだ。
「パクパックってさ、旅先で盗難に遭いやすいじゃないですかあ。僕なんかー、ずっーとパクパックで旅に出てますからあ」
と僕は「パクパック」の二つ目の「パ」にイントネーションを置き、パクパック、パクパックと言いまくった。段々と店員さんの笑いを堪える様子が露骨になってきて、僕の表情はさらに不愉快さを増していった。そして店員さんがついに口を割った。
「あ、あのお、さっきからパクパック、パクパックってえ、クス、言ってますけどお、クスス、それもしかしてー、バックパックのお、ことじゃないですかあ? こんなの? くくくくく」
と言って店員さんは涙を浮かべるほどに笑いを堪え、あきらかに僕をバカにするような表情を浮かべながら、本格的なバックパックを一つ手に取って僕に見せつけた。
「へ? は?」
僕の顔の色がみるみると鮮烈な赤色に変わっていき、しまいにはバルタン星人でも倒せそうなほどの火を顔から噴いた。
「ぽ、ぽく、ぱくぱっくなんて言いまし、ました? はは、はは、えー、おか、おかしいなあ、ははは」
僕の顔から噴かれた火によって、3人のバルタン星人(店員)はあっさりと笑い倒された。僕は「ぎゃあああ」と叫びながら走り出し、店内は「ぎゃははは」とう笑い声で溢れた。その笑い声を背中に浴びながら、僕は転がるように慌てて店を飛び出した。恥ずかしくていてもたってもいられなかったのだ。
「まったく、なんだよあいつ、嘘教えやがったな……」
僕はアウトドアクラブに所属するという、高校生の姪っ子に用具のあれやこれやを教わっていた。「あいつおれが素人と思ってからかったな。くそ、仕返しにお年玉減額だ」僕は自分の器の小ささを、存分に姪っ子に思い知らせてやろう。そして「ぷんぷん」と言いながら仕方なく他のバルタン星人を当たった。
そんな経緯で火を噴いてまでして買ったノースフェイスのパクパ……、いやバックパックを目の前に、僕はこのバッグで旅に出るんだ。という胸の高鳴りを煽るように、バッグのトップの口をめいっぱいに広げ、そっと顔を突っ込んだ。そして遠慮がちにゆっくりと大きく息を吸い込んだ。
僕が計画したのは、生まれて初めての海外への1人旅。そして行き先は、律儀で心配性の僕からは想像もつかない「悠久の国インド」だった。しかもツアーを選ばず、一ヶ月間行きたい所に自由に行く、バックパッカーとしての「旅」だった。
行く先々でガイドさんを雇うことにはなるけれど、それでも飛行機すら乗ったことのない僕に取っては、ごろごろごろごろと縦横無尽に転がれるほどの広大な大風呂敷だった。 「おい、今おれ1ヶ月って言ったか? おまえ夢でも見てるのか? 初めての飛行機に初めての海外。大丈夫か? いいのか? 」と何度も何度も自分自身に自問自答した。なにより「インド」という国に意味なく惹かれる自分がいた。きっと何かある。きっと何かが起こるはずだ。このうきうきとする気持ちは、僕を前に進めようとしていた。
僕はバッグに突っ込んだ頭をそうっと抜き出すと同時に、熱い想いが込み上げてきた。
「なめんなよ」
と僕は熱さも極まり、誰にも言ったことのないような一言を、椅子に座り込んでこちらを見つめる猫に向かって興奮気味に言った。
猫は少しの間こちらを見ていたが、面倒くさそうに「にゃぁ」と小さく鳴き、また体を丸めるようにごろんと眠った。
真新しいバッグから漂ってきたものは、工業製品にありがちなケミカルな匂いだったが、これから始まる旅の妄想を高らかに振るわせた。並べた荷物を順番に詰め込んでいき、そして最後の二つの荷物を取両手で持ち上げた。表紙も外れて擦り切れたハルキの文庫本と、新品のニコンの一眼レフデジタルカメラだった。

「ガチャンッ」
ニコンを買う為に僕はこつこつと貯めた豚の貯金箱を壊した。貯金と言えば小さい頃から豚だった。欲しいものがある時は必ずこの豚を用意した。流れ出る小銭の中からお札は財布に詰め込み、使えそうな硬貨は銀行でお札にしてもらった。その足で僕は有楽町にあるヨドバシカメラの一眼レフカメラコーナの前に向かった。
「デジタルカメラがほしいんですけど」
そう聞くと、メガネの奥の目を死なせていた店員が、突如熱い炎を纏った。どうやら店員さんのやる気に火を付けてしまったようだ。猛烈な勢いで専門用語をまくしたてながら僕ににじり寄ってくる。しかし一体この人が何を言っているのか素人の僕には全く分からなかったが、しかしとにかくニコンらしい。キャノンではなく。「カメラはニコンだ! このニコンのオートフォーカスは恐るべきスピードで対象物を捉え、このニコンのレンズは阿鼻叫喚の表情の隅々までも撮り逃さない!」云々と荒々しく説明してくれた。さらに興奮しながら話す店員さんの鼻息が見る見るうちに荒くなり、さらに激しく吹き鳴らしながら僕の顔面にじりじりと近づいてきた。僕は尻込みしながらも逃げ切れず、その鼻息が次第に上昇気流を描き僕の前髪をふわっとなびかせた。少しイラっとした。そんな鼻息をあしらいながらも、僕は聞き逃さないように必死に耳を傾けながら店員さんを凝視した。するとニコンニコンと連発してくる店員さんの言葉が、だんだんとゲシュタルトに崩壊していき、頭の中でぐつぐつと煮込まれるジャガイモと人参とこんにゃくの「煮込み」に変わっていった。
「うまそうだ」
僕は目的を忘れかけた。隙を見せてしまった僕は、店員さんに良いように丸め込まれ、とても買うつもりも無いような金額のカメラを買っていた。支払を終えると僕は、「ひょえー」と声に出し、「やっちゃったかな……」と頭を抱えそうになったのだが、エスカレーターで降りて行くうちに、次第にそれは嬉しさと不安が入り交じる複雑な気持ちになっていった。今まで大した贅沢もしてこなかったし、これは一世一代の旅だ! もうこれは良いだろう! するとじわじわと嬉しい気持ちが湧いてきて、店を出る頃には僕の顔はにんまりとしていたが、しばらくの間、頭の中では煮込みがぐつぐつと踊っていた。

箱から出した新品のニコンをまじまじと見つめていると、旅への気持ちがさらに熱くなってきて、そんな熱さは僕を狂わせた。新品のニコンを、バックパックに勢い良く放り込んでしまった。「わっ! なんで勢い良く放り込むんだよ……もう」と自分に対して憤ったところでもう遅く、放り込んだ瞬間カメラは何かに当たり「ゴトリ」と嫌な音をさせた。世界ランキングでも上位に入るだろうという心配性の僕が、なぜここまで高価な煮込み、いや高価なニコンのカメラをいとも簡単に荷物あふれるバックパックに放り込んでしまったのか理解に苦しんだ。おそらく極度に興奮していたのだろう。大抵の僕は興奮して失敗する。
僕はカメラが壊れたのではないかとショックで膝をガクガクとさせ、漫画のように「あわわわ」と声にならないような声を発した。その様子を見た猫が、今度は「にゃぁあ」と少し語尾を上げながら長めに鳴いた。
カメラをもう一度取り出し、シャッターボタンに指をかけてポーズをとった。
「カシャリッ」
と声を出した。そして、
「きまった」
と続けて言った。
故障の確認をすることもなく、一瞬でポーズの確認へと思考はシフトしていた。「ん?」我に返り目的を思い出す。僕はいつでも慌てふためいて目的を変えてしまう。慌てると頭が真っ白になってしまう。
気を取り直してカメラを両手で大事に持ちあげ、上から下から左右から覗き込んだ。そしてまたカメラのベルトを丁寧に畳み、今度は慎重にバッグの一番上にふわりと置いた。
「壊れてませんように」声を出して無責任に祈った。電源を入れて確認するということは、僕の頭の中には存在しなかった。まさかこのことが原因であんなことになってしまうなんて、この時の僕には想像すらつかなかった。というわけではなかった。何もトラブルは起きないのである。カメラは旅で大活躍をする。

つづく

FacebookTwitterGoogle+PinterestTumblr